9月20日:史上最多撃墜数のエース・パイロット エーリッヒ・ハルトマン 逝く

1993年9月20日 - エーリヒ・ハルトマン(Erich Alfred "Bubi" Hartmann, 1922年4月19日 - 1993年9月20日)没。享年71歳。ドイツ空軍の軍人。第二次世界大戦時のドイツ空軍のエース・パイロットであり、空中戦での撃墜機数352機は戦史上最多である。独ソ戦において、格闘戦を避ける一撃離脱戦法で撃墜スコアを重ね、1944年8月25日に前人未踏の300機撃墜を達成した。初陣以来、2年半強の期間にハルトマンは1405回出撃し、うち825回の...

9月20日:インドの緑の父 杉山 龍丸 逝く

1987年9月20日 - 杉山 龍丸(すぎやま たつまる、1919年(大正8年)5月26日 - 1987年(昭和62年)9月20日)没。享年68歳。作家夢野久作を父に、アジア主義者杉山茂丸を祖父に持つ日本の陸軍軍人。インドの緑の父(Green Father)と呼ばれる人物である。戦後、3万坪の農地を売り、緑化の費用にあてた。インドの政府や個人の協力を得て、インドの各地にあった砂漠地帯や土砂崩壊の地域を緑化したが、日本の政府や企業などからは理解...

9月20日:日本による砲艦外交のはじまり「江華島事件」

1875年9月20日 - 江華島事件日本海軍の軍艦「雲揚」が、朝鮮の首府漢城の北西岸、漢江の河口に位置する江華島附近で朝鮮守備隊と交戦。この事件が朝鮮政府に与えた衝撃は大きく、変革を拒否する鎖国攘夷勢力の反対をおさえて、変革を望む開国勢力が台頭する切っ掛けとなった。事件以後、朝鮮はゆっくりと開国への道を歩み始め、日朝修好条規締結の契機となった。いろんな国のIPアドレスが使えるVPNサービス【セカイVPN】...

9月20日:サラミスの海戦

紀元前480年9月20日 - サラミスの海戦(9月29日説あり)。アテネ南西のギリシアのサラミス島近海で、ギリシア艦隊とペルシア艦隊の間で行われた海戦。(ヘロドトスの『歴史』(第8巻)に詳しい。)ギリシャ軍が約2倍のペルシャ軍を撃滅。サラミスの海戦でのギリシア海軍の勝利により、ペルシア遠征軍の進撃は停止し、ペルシア戦争は膠着状態に陥った。ペルシアのクセルクセスの戦意が削がれ、地の利も持たないペルシア遠征軍は、次...

9月19日:アルプス山脈で約5300年前のミイラが発見される

1991年9月19日 - アルプス山脈の氷河で、約5300年前の男性のミイラ「アイスマン」を発見。アルプスにあるイタリア・オーストリア国境のエッツ渓谷(海抜3,210メートル)の氷河で見つかった。<復元想像図>2013年、性染色体の中に特異な塩基配列が発見され、それを元にしてアイスマンの子孫が現存するか調査がなされた。その結果、同様の特異な塩基配列を持っている15名のオーストリア人が発見され、彼の子孫である確率が高いとさ...

9月19日:ダム・バスターズ指揮官ガイ・ギブソン中佐、戦死

1944年9月19日 - ガイ・ギブソン(Guy Penrose Gibson VC, DSO & Bar, DFC & Bar 、1918年8月12日-1944年9月19日 ),オランダ上空でモスキートに搭乗中に空中衝突で戦死。享年26歳。イギリス空軍の軍人。最終階級は中佐。第617飛行中隊の初代指揮官として有名であり、同中隊初の特殊攻撃任務であるチャスタイズ作戦を指揮し、反跳爆弾を用いてルール地方の複数のダムを破壊するという劇的な戦果を挙げている。...

9月19日:「宇宙旅行の父」コンスタンチン・ツィオルコフスキー逝く

1935年9月19日 - コンスタンチン・ツィオルコフスキー(Константин Эдуардович Циолковский, Konstantin Eduardovich Tsiolkovskiy、1857年 9月17日 - 1935年9月19日)没。享年78歳。帝政ロシアおよびソビエト連邦の科学者、ロケット研究者、数学教師、著作家。ロケット理論や、宇宙服や宇宙遊泳、人工衛星、多段式ロケット、軌道エレベータなどの考案で知られ、現代ロケット工学の基礎的理論を構築した。この業績から「宇宙旅行の...

9月18日:柳条湖事件

1931年9月18日 - 柳条湖事件奉天付近の南満州鉄道線路上で爆発事件。これをきっかけとして、1933年5月31日の塘沽協定成立に至る、日本と中華民国との間の武力紛争(事変)、いわゆる満州事変が始まる。現場は、3年前の張作霖爆殺事件の現場から、わずか数キロの地点である。爆発自体は小規模で、爆破直後に現場を急行列車が何事もなく通過している関東軍はこれを中国軍による犯行と発表することで、満州における軍事展開およびその...

9月18日:ファショダ事件、イギリス軍とフランス軍がアフリカのファショダで軍事衝突寸前!

1898年9月18日 - ファショダ事件:スーダンのファショダにて、大陸横断政策をとったフランスに対し、縦断政策をとったイギリスが到達。アフリカで初の帝国主義の衝突が起こる、最終的にフランスが譲歩し撤退したが、帝国主義の時代、両雄であるイギリスとフランスの間の緊張が最高潮に達した瞬間でもある。このことを契機にイギリスとフランスは緊張緩和の時代に入る。...

9月18日:シーボルト事件:シーボルトが幕府禁制品持ち出し発覚

1828年9月18日(文政11年8月10日) - シーボルト事件:シーボルトが、幕府禁制品の日本地図などを持ち出そうとしたことが発覚。オランダ商館付きの医者として文政六年(1823年)に来日したドイツ人医師・シーボルト。学校と病院を兼ねた鳴瀧(なるたき)塾を開きながらも、その学識は医学だけにとどまらず、動・植物学や地理学・自然科学などにも通じ、多くの弟子たちを育て、日本の西洋学の恩人とまで言われた。5年間の日本滞在を...