7月31日:「6千人の命のビザ」杉原千畝 逝く

1986年(昭和61年)7月31日 - 杉原 千畝(すぎはら ちうね、1900年(明治33年)1月1日 - )没。享年86歳。日本の官僚、外交官。第二次世界大戦中、リトアニアのカウナス領事館に赴任していた杉原は、ナチス・ドイツの迫害によりポーランド等欧州各地から逃れてきた難民たちの窮状に同情。外務省からの訓令に反して、大量のビザ(通過査証)を発給し、およそ6,000人にのぼる避難民を救ったことで知られる。その避難民の多くが、ユダ...