5月30日:「東洋のネルソン」東郷平八郎、逝く

1934年(昭和9年)5月30日 - 東郷 平八郎(とうごう へいはちろう、弘化4年12月22日(1848年1月27日) - 1934年(昭和9年)5月30日)没。享年86歳。
明治時代の日本海軍の指揮官として日清及び日露戦争の勝利に大きく貢献し、
日本の国際的地位を「五大国」の一員とするまでに引き上げた一人である。
東郷平八郎

日露戦争においては、連合艦隊を率いて日本海海戦で当時世界屈指の戦力を誇ったロシア帝国海軍バルチック艦隊を
一方的に破って世界の注目を集め、アドミラル・トーゴー(Admiral Togo 、東郷提督)としてその名を広く知られることとなった。

当時、日本の同盟国であったイギリスのジャーナリストらは東郷を「東洋のネルソン」と、
同国の国民的英雄に比して称えている。

日本の第二次世界大戦敗戦後、GHQによって日本の軍事的モニュメントの撤去作業が行われたが、
チェスター・ニミッツ、レイモンド・スプルーアンス、ウィリアム・ハルゼーたちアメリカ海軍の提督たちも
東郷への尊敬の念が強かったこともあり、アメリカ海軍は東郷に関するものには手を触れさせなかった。



東郷平八郎 (講談社学術文庫)/講談社

¥907
Amazon.co.jp

日本海大海戦 [DVD]/三船敏郎,加山雄三,仲代達矢

¥6,480
Amazon.co.jp








◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント