1月6日:大陸移動説が発表される

1912年1月6日 - 気象学者アルフレート・ヴェーゲナーがドイツ地質学会で初めて大陸移動説を発表。
大陸移動説

ただし、当時知られていた物理学では、大陸移動をおこすような駆動力は説明ができなかったためなかなか評価されなかった。
しかし、1950年代から1960年代にかけて、古地磁気や大西洋の海底などの研究によって海洋底拡大説が提唱され、
それがプレートテクトニクス理論へと発展し、プレートの運動の結果として大陸移動が導きだされることから、
ウェーゲナーの説も見直されるようになった。









関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント