1月7日:イングランド、ヨーロッパ大陸の領土を失う

1558年1月7日 - カレーがフランスの軍人ギーズ公フランソワにより奪還され、イングランド最後の大陸の領土を失う。
カレーの位置
フランスに領土を持っていたノルマンディー公ギヨーム2世によるノルマン・コンクエストによって、
現代まで続くイングランドの王統が成立していたため、
イングランドの王家はフランスに広大な領地を持っていた。

百年戦争(1337年11月1日 - 1453年10月19日)などで徐々に領土を失い、ついにこの日、大陸での領土を失った。

時代はエリザベス1世が即位する直前のメアリー1世の時代の出来事。










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント