1月9日:アメリカ軍、ルソン島上陸開始

1945年1月9日 - 第二次世界大戦・ルソン島の戦い: アメリカ軍がフィリピンのルソン島上陸を開始。
ルソン島上陸

迎え撃つ日本軍は山下奉文大将の指揮下の25万人の兵力を有していたが、
終戦までの7か月間で戦死・戦病死・餓死などで22万人が失われた。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント