1月10日:「賽は投げられた!」 カエサル、軍団を率いてルビコン川を渡る。

紀元前49年1月10日 - ローマ内戦: ガイウス・ユリウス・カエサルが、元老院の命令を無視してルビコン川を渡りイタリアに侵入。
賽は投げられた

ポンペイウス及び元老院派との内戦に突入した。

この時に発せられたのが、
「ここを渡れば人間世界の破滅、渡らなければ私の破滅。神々の待つところ、
我々を侮辱した敵の待つところへ進もう、賽は投げられた!

ルビコン川の位置
<ルビコン川の位置>

当時の共和政末期の古代ローマにおいては、
東端のルビコン川と西端のアルノ川を結ぶラインがイタリア本土と属州ガリア・キサルピナの境界線の役割を果たしていた。
軍団を率いてこの川を越え南下することは法により禁じられており、禁を破ればすなわち共和国に対する反逆とみなされた。
それ故に、ルビコン川を超えることは、元老院に対する反逆と同義であった。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント