1月12日:「スキー記念日/スキーの日」、日本で初めてスキーの指導が行われる

1911年1月12日 - オーストリア陸軍のレルヒ少佐が、新潟県高田(現在の上越市高田)陸軍歩兵連隊の青年将校に、日本で初めてスキーの指導を行なう。
レルヒ少佐

レルヒは1本杖、2本杖の両方の技術を会得していたが、重い雪質の急な斜面である高田の地形から判断した結果、
日本で伝えたのは杖を1本だけ使うスキー術であった。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント