1月16日:オクタウィアヌス、実質的に初代ローマ帝国皇帝になる

紀元前27年1月16日 - オクタウィアヌスが元老院からアウグストゥス(尊厳者)の尊号を受け、ローマ帝国初代皇帝アウグストゥスとなる。
オクタヴィアヌス

これにより共和制は、元老院議員達には気付かれないうちに(オクタウィアヌスが巧妙に偽装しつつ)終焉し、
ローマは帝政へと移行した。初代ローマ皇帝アウグストゥスの誕生である。

なお、アウグストゥスに始まる帝政ローマの前期の政治体制は、後期帝政(ドミナートゥス)と区別して「元首政(プリンキパトゥス)」と呼ばれている。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント