1月20日:オードリー・ヘップバーン 逝く

1993年1月20日 - オードリー・ヘプバーン(Audrey Hepburn(1929年5月4日 - 1993年1月20日)没。享年63歳。
Audley Hepburn

イギリス人で、アメリカ合衆国の女優
ハリウッド黄金時代に活躍した女優で、映画界ならびにファッション界のアイコンとして知られる。

1953年には『ローマの休日』でアカデミー主演女優賞を獲得した。
その後も『麗しのサブリナ』(1954年)、『尼僧物語』(1959年)、『ティファニーで朝食を』(1961年)、
シャレード』(1963年)、『マイ・フェア・レディ』(1964年)、『暗くなるまで待って』(1967年)などの人気作、
話題作に出演している。

女優としてのヘプバーンは、映画作品ではアカデミー賞のほかに、
ゴールデングローブ賞、英国アカデミー賞を受賞し、
舞台作品では1954年のブロードウェイ舞台作品である『オンディーヌ』(en:Ondine (play)) でトニー賞を受賞している。

さらにヘプバーンは死後にグラミー賞とエミー賞も受賞しており、
アカデミー賞、エミー賞、グラミー賞、トニー賞の受賞経験を持つ数少ない人物の一人となっている。

後半生のほとんどを国際連合児童基金(ユニセフ)での仕事に捧げた。
ヘプバーンがユニセフへの貢献を始めたのは1954年からで、
1988年から1992年にはアフリカ、南米、アジアの恵まれない人々への援助活動に献身している。
















関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント