1月21日:革命家レーニン 逝く

1924年1月21日 - ウラジーミル・イリイチ・レーニン(ロシア語: Влади́мир Ильи́ч Ле́нин、1870年4月22日1924年1月21日)没。享年53歳。
ロシア革命家政治家
ウラジミール・レーニン

優れた演説家として帝政ロシア内の革命勢力をまとめ上げ、
世界で最初に成功した社会主義革命であるロシア革命において主導的な役割を果たした。
史上初の社会主義国家であるソビエト連邦およびソ連共産党(ボリシェヴィキ)の初代指導者を務めた。

マルクス主義(共産主義)理論の研究と普及にも尽力し、後日、マルクス・レーニン主義という体系にまとめられた。

レーニンの遺体は、死後ほどなく保存処理され、モスクワのレーニン廟に現在も永久展示されている。

現代のロシア国民にとっては良くも悪くも近代ロシアの父と見る節があり、
また根強い共産党及びソビエト政権への支持層からの反対が大きく、
クレムリンの壁と霊廟に「強いロシア」のイメージを重ねる者も多い。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント