1月22日:ボーイング747「ジャンボ・ジェット」がパンナムにより初就航

1970年1月22日 - ボーイング747「ジャンボジェット」がパンアメリカン航空のニューヨーク-ロンドン線で初就航。
747初就航

この後、航空各社は747の採用・運用を始めたが、当時の航空会社にとっては747は市場規模に対して大きすぎて、座席全てを埋めるほどの乗客は無かった。
そこで各航空会社は「空席多数で飛ばすぐらいなら、少しぐらい運賃を下げても席を埋めたほうが良い」と考え、各種の割引制度を設け集客に励んだ(現在では、4分の1以上のシートが埋まれば採算に合うといわれている)。
その結果エコノミークラスの運賃が団体割引により大きく低下し、一般庶民が気軽に国外旅行に行けるようになった。












関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント