1月23日:小ピット 逝く

1806年1月23日 - ウィリアム・ピット(William Pitt (the Younger)、1759年5月28日 - 1806年1月23日)没。享年46歳。
18世紀末から19世紀はじめにかけてのイギリス政治家、首相(在任:1783年 - 1801年、1804年 - 1806年)。1760年代に首相を務めたチャタム伯ウィリアム・ピット(大ピット)とヘスター・グレンヴィルの次男である。
小ピット

1783年、弱冠24歳イギリス最年少の首相となった。
ピットの首相としての在職期間中はジョージ3世の治世下であり、
フランス革命やナポレオン戦争を始め、様々な事件がヨーロッパを支配していた。

ピットは、イギリスをフランス及びナポレオンとの大戦争で導いたことでよく知られている。
彼自身は効率と改革のために尽力した、傑出した行政官であり、優れた行政官が政治を行う新しい世代をもたらした。

また奴隷貿易禁止のために尽力した。

遺体は、ウエストミンスター宮殿に2日間安置されたのち、ウエストミンスター寺院に埋葬された。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント