1月27日:アポロ1号、訓練中に炎上

1967年1月27日 - アポロ1号が訓練中に事故で炎上。宇宙飛行士3人が死亡。
炎上したアポロ1号司令船
来る2月21日の打ち上げに向けて、
宇宙船につながれている電線や供給ケーブルを(あくまでもシミュレーションだが)切り離し 、
内部電源だけで作動できるかどうかを検査する試験が行われた。

グリソム、ホワイト、チャフィーの3人の宇宙飛行士が乗り込み、テスト行っている最中に出火、
純酸素(酸素100%)で満たされた司令船内は爆発的燃焼に襲われた。

3人の宇宙飛行士は脱出することもできず殉職。
殉職したアポロ1号乗組員
左から船長 ガス・グリソム (Gus Grissom)、
副操縦士 エドワード・ホワイト (Edward Higgins White)、
飛行士 ロジャー・チャフィー (Roger B. Chaffee)

この事故はアメリカの有人ロケット初の死亡事故となった。

また、事故を教訓として設計変更された司令船を使ってアポロ7号が1968年10月11日に打ち上げられ、
極めて短時間のうちにアポロ計画の有人飛行が再開された。















月の土地が買えるってほんと?!「月の土地」1エーカー2700円



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント