1月28日:スペースシャトルチャレンジャー号爆発事故

1986年1月28日 - チャレンジャー号爆発事故。
アメリカ合衆国のスペース・シャトルチャレンジャー号が射ち上げから73秒後に分解し、7名の乗組員が死亡した。
チャレンジャー号爆発事故

同オービタは北米東部標準時午前11時39分(16:39UTC、1月29日1:39JST)にアメリカ合衆国フロリダ州中部沖の大西洋上で空中分解した。
チャレンジャー号の乗員
<亡くなったチャレンジャー号のの飛行士。前列左からマイケル・J・スミス、ディック・スコビー、ロナルド・マクネイア。後列左からエリソン・オニヅカ、クリスタ・マコーリフ、グレゴリー・ジャービス、ジュディス・レズニック>

事故の後、NASAの全スペース・シャトルはほぼ3年間にわたって地上での待機を余儀なくされ、
この間に調査・事情聴取・SRBの再設計、またその他にも裏方の技術面や管理面の見直し、変更、および準備が行われた。














関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント