1月30日:三十三間堂、落慶

1165年1月30日長寛2年12月17日) - 蓮華王院本堂(三十三間堂)が落慶する。
三十三間堂
後白河上皇が離宮として建てた広大な法住寺殿の一画に建てられたのが蓮華王院本堂、今に言う三十三間堂である。

上皇が平清盛に建立の資材協力を命じて旧暦の長寛2年12月17日(西暦1165年1月30日)に完成したという。
創建当時は五重塔なども建つ本格的な寺院であったが、建長元年(1249年)の火災で焼失した。

文永3年(1266年)に本堂のみが再建されており、現在「三十三間堂」と称される。
当時は朱塗りの外装で、内装も極彩色で飾られていたという。

三十三間堂の堂内
また、堂内には1,001躯の木造千手観音立像(重要文化財)が安置されている。
像高は166 - 167cm前後。
1,001躯のうち876躯は鎌倉復興期の作で、建長元年 (1249) の火災の際、
救い出された平安期の像は124躯である(他に室町時代に追加された像が1躯(32号像)だけある)。
平安時代の像は作者不明だが、鎌倉復興像は二百数十躯に作者銘があり、湛慶をはじめ慶派、院派、円派など、
当時の主要な仏師たちが総出で造像にあたった。

現在、1,001躯のうちの5躯は東京・京都・奈良の国立博物館に寄託されている。













関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント