1月30日:インド独立の父マハトマ・ガンディー逝く

1948年1月30日 - マハトマ・ガンディー(મોહનદાસ કરમચંદ ગાંધી、 मोहनदास करमचन्द गांधी、Mohandas Karamchand Gandhi、1869年10月2日 - 1948年1月30日)没。狂信的なヒンドゥー原理主義集団民族義勇団の一員の凶弾に倒れる。享年78歳。
ガンディ

インドのグジャラート出身の弁護士宗教家政治指導者
マハトマ・ガンディー(=マハートマー・ガーンディー)として知られるインド独立の父。

3発のピストルの弾丸を撃ち込まれたとき、ガンディーは自らの額に手を当てた。
これはイスラーム教で「あなたを許す」という意味の動作である。
そして、ガンディーは「おお、神よ」(「ヘー ラーム हे राम」)とつぶやいてこの世を去った。

国葬が行われ、遺灰は、ヤムナー川とガンジス川と南アフリカの海に撒かれた。











インドの美髪に学んだアーユルヴェーダ伝承シャンプー



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント