1月31日:スターリングラード攻防戦: ドイツ軍のフリードリヒ・パウルス司令官と幕僚がソ連軍に降伏

1943年1月31日 - 第二次世界大戦スターリングラード攻防戦: ドイツ軍のフリードリヒ・パウルス司令官と幕僚がソ連軍に降伏。
パウルス元帥降伏

前日、ヒトラーはパウルスを元帥に昇進させた
かつてドイツ軍の元帥で降伏した者は一人もおらず、その意味することは、スターリングラードを死守し、玉砕することであった。
しかしながら、パウルスはヒトラーが暗に示したような最期を遂げることを拒み、1月31日残存将兵9万人とともにソ連軍に降伏した。
ヒトラーは自分の命令なしに勝手に降伏したパウルスの行為を裏切りと感じ、激怒したという。

なお、戦後に生きて祖国へ帰国できたのは僅か6,000人であった。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント