2月1日:「国軍の父」山縣有朋 逝く

1922年大正11年2月1日 - 山縣 有朋(天保9年閏4月22日(1838年6月14日) - 大正11年1922年2月1日)没。享年83歳。

山縣有朋
日本の武士(長州藩士)、陸軍軍人政治家
内務大臣(初・第2・第3代)、内閣総理大臣(第3・9代)、元老、司法大臣(第7代)、枢密院議長(第5・9・11代)、
陸軍第一軍司令官、貴族院議員、陸軍参謀総長(第5代)などを歴任した。

明治政府では軍政家として手腕をふるい日本陸軍の基礎を築いて「国軍の父」とも称されるようになった。

伊藤博文と並び、明治維新期に低い出自から栄達を遂げた代表的人物である。













下関直送の国産とらふぐセット

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント