2月3日:活版印刷技術の発明者グーテンベルク 逝く

1468年2月3日 - ヨハネス・グーテンベルク(Johannes Gensfleisch zur Laden zum Gutenberg、1398年頃 - 1468年2月3日)没。享年70歳。
グーテンベルク

ドイツ出身の金属加工職人、印刷業者である。活版印刷技術の発明者といわれ、広く知られている。

金属活字を使った印刷術を発明したことで印刷革命が始まり、それが一般に中世で最も重要な出来事の1つとされている。
活版印刷はルネサンス、宗教改革、啓蒙時代、科学革命の発展に寄与した。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント