2月3日:オランダでチューリップ・バブル崩壊!

1637年2月3日 - オランダのチューリップ相場が突然暴落し、チューリップ・バブルが崩壊。
チューリップ・バブル(Tulpenmanie、Tulip mania, Tulipomania、チューリップ狂時代とも)は、
ネーデルラント連邦共和国(オランダ)で1637年に起こった世界最初のバブル経済事件である。

オスマン帝国から輸入されたチューリップの球根が人気を集め、
チューリップの価格が釣り上がっていくことで人々はチューリップ投資に熱狂し、
わずか数年のうちにチューリップ価格は信じられない高値を付けた。
チューリップ・バブル崩壊

写真は人気のあった「Semper Augustus」(センペル・アウグストゥス、無窮の皇帝)で、
こうした美しい花の球根は少なくとも1,000フロリンの値がついていた。
1,000フロリンは今でいうと400万円!くらいの価値。











関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント