2月7日:日本軍、ガダルカナル島からの撤退完了

1943年2月7日 - 第二次世界大戦: 日本軍のガダルカナル島からの撤退(ケ号作戦)が完了。
ケ号作戦

1942年8月7日からの戦闘で、ガダルカナル島に上陸した日本軍の総兵力は31,404名、
うち撤退できたものは10,652名、それ以前に負傷・後送された者740名、死者・行方不明者は約2万名強であり、
このうち直接の戦闘での戦死者は約5,000名、残り約15,000名は餓死と戦病死だったと推定されている。
これ以降、太平洋戦争における日米の攻守が転換する。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント