2月8日: 日露戦争初の戦闘、旅順口攻撃、

1904年2月8日 - 日露戦争: 旅順口攻撃
旅順口攻撃

旅順港のロシア艦隊を日本海軍駆逐艦が奇襲。
この攻撃が日露戦争における最初の戦闘。

日本本土から大陸への海上輸送を脅かすロシア艦隊を無力化するために計画され、
この時以後、日本海軍は水雷夜襲等による八次にわたる攻撃と三回の閉塞作戦を実施した。

この攻撃でロシア太平洋艦隊は旅順に封じ込まれ、本土から大陸までの陸軍の揚陸や補給が容易になった。

日露戦争は以後、1905年9月5日のポーツマス講和条約締結まで戦争は続く。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント