2月9日:アドルフ・ガーランド 逝く

1996年2月9日 - アドルフ・ガーランド(Adolf Galland 、1912年3月19日 - 1996年2月9日)没。享年83歳。
ガーランド

ドイツ軍人
最終階級は空軍中将。戦闘機パイロット、戦闘機隊総監を務め、第44戦闘団司令官として終戦を迎えた。
出撃回数705回、撃墜機数104機のエースパイロットである。

バトル・オブ・ブリテンでドイツ空軍が苦戦していた時に、空軍元帥ヘルマン・ゲーリングにイギリス空軍に勝つために「スピットファイアがほしい」とたてついた話は、ガーランドの人物を語る上では欠かせないエピソード。

スペイン内戦時より乗機のパーソナルマークは葉巻をくわえ、手に小野と拳銃を持ったミッキー・マウス。
自身も戦闘機のコクピットに灰皿を取り付けるほどの葉巻好きだった。
ガーランドの乗機

戦後は戦犯として5年間収容されたものの、アルゼンチン空軍の顧問や航空会社へのコンサルタント事業に成功した。











◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント