2月15日:戦略爆撃の理論家ジュリオ・ドゥーエ 逝く

1930年2月15日 - ジュリオ・ドゥーエ(Giulio Douhet、1869年5月30日 - 1930年2月15日)没。享年60歳。
ジュリオ・ドゥーエ

イタリア王国の軍人、軍事学者である。
著書『制空』は、世界的な反響を呼び戦略爆撃の思想に多大な影響を与え、のちの無差別都市爆撃へと繋がっていく。










関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント