2月19日:カセリーヌ峠の戦い

1943年2月19日 - 第二次世界大戦: カセリーヌ峠の戦い
カトリーヌ峠の戦い

チュニジアを中部から西部へそびえるアトラス山脈にある幅2kmの隙間であったカセリーヌ峠で、連合軍と枢軸国軍が激突。
カトリーヌ峠

この戦いは第二次世界大戦における初のナチス・ドイツアメリカの激突であったが、
経験不足であったアメリカ軍はドイツ元帥エルヴィン・ロンメルに率いられたドイツ・イタリア装甲軍と
ドイツ第5装甲軍の前に大損害をこうむり総崩れとなった。








◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント