6月4日:張作霖爆殺事件

1928年6月4日 - 張作霖爆殺事件
張作霖爆殺事件

中華民国・奉天(現瀋陽市)近郊で、日本の関東軍によって奉天軍閥の指導者張作霖が暗殺された事件。

もともと馬賊出身の張作霖は、日露戦争で協力したため日本の庇護を受け、日本の関東軍による支援の下、
満洲での実効支配を確立、有力な軍閥指導者になっていた。

しかし、この頃になると日本の関東軍の意向に沿わなくなっており、
国民党軍との戦争に敗れた張作霖は、北京を脱出し、本拠地である奉天(瀋陽)へ列車で移動している最中に、
この事件に巻き込まれた。




馬賊で見る「満洲」―張作霖のあゆんだ道/講談社

¥1,728
Amazon.co.jp

謎解き「張作霖爆殺事件」 (PHP新書)/PHP研究所

¥778
Amazon.co.jp

◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント