2月22日:中国史上唯一の女帝 則天武后 逝く

705年2月22日 - 唐朝第3代皇帝高宗の皇后、武周朝創始者にして中国史上唯一の女帝、則天武后(そくてん ぶこう)こと武則天(ぶそくてん)没。享年82歳?
則天武后

後世の評価においては、女性でありながら政治に介入した上、
最終的に帝位を簒奪した武則天の政治的遍歴に対する評価は概ね否定的であり続け、
簒奪を計画し失敗した韋后の言行と併せて武韋の禍と呼ばれるなど、負のイメージで語られることが多かった。

しかし、彼女が権力を握っている間には農民反乱は一度も起きておらず、民衆の生活は安定していたとされる。
加えて、彼女の人材登用能力が後の歴史家も認めざるをえないほどに優れていたことは事実であり、
彼女の登用した人材が玄宗時代の開元の治を導いたことも特筆に値する。

白江口の戦い(白村江の戦い)で日本(倭国)が旧百済連合軍と唐軍(属国の新羅も唐軍に兵を供出)が戦って敗れた際、
唐朝の実権を握っていたのは彼女であった。









◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント