2月22日:第一次世界大戦: ドイツ海軍が無制限潜水艦作戦を開始。

1915年2月22日 - 第一次世界大戦: ドイツ海軍が無制限潜水艦作戦を開始。
無制限潜水艦作戦

ドイツ帝国は、1914年の開戦当初は、中立国船舶への攻撃を禁止し、攻撃前の事前警告を潜水艦に義務付けていた。
しかし、イギリス海軍の北海機雷封鎖による事実上の無制限攻撃への不満や、制限による潜水艦の運用難などから、
イギリスの海上封鎖と周辺海域での無警告攻撃を宣言した。

しかし、その後ルシタニア号事件などもあり、いったん半年で中止された。

無制限潜水艦作戦による撃沈トン数の推移


1917年になると、戦争の長期化は免れないと判断したドイツは、再び無制限潜水艦作戦を開始した。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント