2月25日:セント・ポール大聖堂を再建したクリストファー・レン 逝く

1723年2月25日 - サー・クリストファー・マイケル・レン(Sir Christopher Michael Wren, 1632年10月20日 - 1723年2月25日)没。享年90歳。
クリストファー・レン

イギリス建築家天文学者

イギリス王室の建築家であり、1666年のロンドン大火からの復興を行い、
バロック建築をイギリスに取り入れた人物、として知られている。

レンの代表作は1666年のロンドン大火の後再建されたセント・ポール大聖堂で、1675年に起工され1710年に完成した。
大ドーム及び西側正面にある2つの塔の特徴を持ち、高さ約111m、幅約74m、奥行き約157mである。
セント・ポール大聖堂










ロンドンまでの航空券はこちら♪


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント