2月27日:共産主義弾圧に利用された ドイツ国会議事堂放火事件

1933年2月27日 - ドイツ国会議事堂放火事件が発生。
ドイツ国会議事堂放火事件

共産主義者の仕業とされ、ドイツ内での共産主義者が一掃される。
そして正式な法的手続きにより全権委任法を成立させ、
「国会審議・議決なしに、大統領の副署なしに広範な範囲の法令を制定する権利をヒトラー政権に委譲する」ことができるようになった。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育




関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント