3月1日:第1次エチオピア戦争、アドワの戦い。イタリア軍大敗する

1896年3月1日 - 第一次エチオピア戦争: アドワの戦い。
アドワの戦い

イタリアエチオピア侵攻軍がアドワで大敗。
19世紀にアフリカの大部分はヨーロッパの国々により植民地化され、
リベリアを除くと独立国はアフリカの角に隣接するエチオピア帝国だけであった。

イタリアはこの争奪戦に出遅れ、資源に乏しいエリトリアとソマリアを領有するに留まっていたが、
この2つの植民地の間にあったエチオピアを、更なる植民地とするために侵略を開始したのが、第一次エチオピア戦争。

イタリアにとって大誤算だったのは、エチオピア帝国がフランスから近代兵器を購入し装備していたこと。
またイタリア軍はわずか14,527人であったのに対し、エチオピア軍は12万人を越えていたと推測され、
エチオピア軍はイタリア軍を各所で包囲し、撤退するイタリア軍を追撃し続けた。

イタリア軍は約11,000人を失い、エチオピア軍は約10,000人を失った。
Adwa

主力を失ったイタリアは、アディスアベバ条約を締結し、
エチオピアは欧州列強による植民地化を回避することができたと評価されている。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント