3月3日:ムガル帝国第6代皇帝アウラングゼーブ 逝く

1707年3月3日 - アウラングゼーブ(Aurangzēb, 1618年11月3日 - 1707年3月3日)没。享年88歳。
アウラングゼーブ

インドムガル帝国の第6代君主(在位:1658年 - 1707年)。

1658年に帝位を継承した。その後、兄弟3人を直接的・間接的に殺害し、父帝シャー・ジャハーンはアーグラ城へと幽閉した。

アウラングゼーブの治世は実に49年の長きに渡り、その治世の前半は、曾祖父アクバル以来の繁栄が続いた。

アウラングゼーブは若年から厳格なスンナ派の信者であり、
ムガル帝国の宗教政策を変えて帝国をシャリーアで統治しようとしたが、
その反面ではアクバル以来の融和路線に反する厳しい宗教政策によって、ラージプートなど異教徒の離反を招いた。

1707年にアウラングゼーブは死亡し、その死まで帝国の領土は最大となったが、 その死を契機に帝国は衰退・崩壊した。
ムガル帝国最大版図
















◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント