3月3日:ロシア第一次世界大戦から離脱。ブレスト=リトフスク条約締結。

1918年3月3日 - ロシア・ウクライナのボリシェヴィキ政府がドイツ帝国・オーストリア=ハンガリー帝国・オスマン帝国・ブルガリア王国とブレスト=リトフスク条約を結ぶ。
ブレスト=リトフスク条約

条約によってロシア第一次世界大戦から正式に離脱し、
さらにフィンランドエストニア、ラトヴィア、リトアニア、ポーランド、ウクライナ及び、
トルコとの国境付近のアルダハン、カルス、バトゥミに対するすべての権利を放棄した。
トルコとの国境地域を除くそれらの地域の大部分は、事実上ドイツ帝国に割譲された。

しかし、1919年に調印されたヴェルサイユ条約ドイツはブレスト=リトフスク条約の失効を受け入れ、
僅か8か月の効力しかなかった。








関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント