3月4日:『バウムクーヘンの日』 日本で初めてバウムクーヘン販売される

1919年3月4日 - 日本で初めてバウムクーヘンが販売される。
広島県物産陳列館(現在の原爆ドーム)で行われた「ドイツ作品展示会」で、カール・ユーハイム日本で初めてドイツの伝統菓子のバウムクーヘンの製造販売をした。
バウムクーヘン

このことに由来し、カール・ユーハイムが創業した製菓会社ユーハイムが2010年に3月4日を「バウムクーヘンの日」に制定。

ちなみにドイツ生まれのカール・ユーハイムは、第1次世界大戦開戦時に中国の青島で喫茶店を営業していたが、
日本軍による青島攻略により、非戦闘員であったにもかかわらず捕虜となり、日本に来日、大戦後も日本に残留し、
菓子の「ユーハイム」を設立した。

ユーハイム リーベスバウム LP20

ユーハイム リーベスバウム LP20
価格:2,160円(税込、送料別)






◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント