6月6日:大正池できる

1915年6月6日 - 焼岳で噴火。梓川がせき止められて大正池ができる。
大正池

代名詞ともいえる立ち枯れも年々減っており、かつ池に流れ込む土砂の浚渫を定期的に行わなければ、自然の摂理で池は沼に変わり、最後は完全に池は消失すると言われている。










長野の農産物・特産物の販売「ありがた屋NAGANO」


◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント