3月6日:ノーベル文学賞を受賞したパール・バック 逝く

1973年3月6日 - パール・バック(Pearl Sydenstricker Buck, 1892年6月26日 - 1973年3月6日)没。享年80歳。
パール・バック

アメリカの女性小説家。南長老ミッション派宣教師の両親と中国(中華民国)に渡り、そこで育つ。
処女作『東の風・西の風』に続き、1931年に代表作『大地』を発表して1932年にピュリッツァー賞を受賞。
『大地』は『息子たち』『分裂せる家』とともに三部作『大地の家』を成す。

1938年にノーベル文学賞を受賞した。

後に国際的な人種を問わない養子仲介機関であるウェルカム・ハウス(Welcome House)の設立や、
米国人とアジア人との混血の寄る辺のない子供達を教育するためにパールバック財団を設立した。

多くの小説やノンフィクションの他に、児童書や絵本も執筆した。谷本清の広島における平和活動への支援もおこなった。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント