3月9日:ルイ14世の絶対王政の地均しをしたマザラン 逝く

1661年3月9日 - ジュール・マザラン(Jules Mazarin, 1602年7月14日 - 1661年3月9日)没。享年58歳。
マザラン

17世紀フランス王国の政治家、枢機卿。
イタリア人でイタリア名はジュリオ・マッツァリーノ(Giulio Mazarino)。

イタリア中部ピッシーナに生まれる。
父ピエトロがシチリアのマッツァリーノ城塞で生まれたため、その名を名乗り始める。
外交の能力を認められてローマ教皇に仕える。

1634年、教皇特使としてパリに派遣されたときにリシュリューの信任を得、1639年、フランスに帰化し、
1641年にルイ13世の推挙によりウルバヌス8世によって枢機卿に就任。

1642年にリシュリュー、1643年にルイ13世が相次いで死ぬと、
摂政となった大后アンヌ・ドートリッシュの相談役兼ルイ14世の教育係となる。
辞令そのものは出ていないが、実質的な宰相であった。

政策的にはリシュリューを継承し、後のルイ14世の絶対王政の地均しをした。

マザランが死ぬと、翌日ルイ14世は親政を宣言、王政フランスの絶頂期へと至った。
マザラン自身がルイ14世に親政を勧めたともいう。






◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント