3月11日 - 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)が発生

2011年平成23年3月11日14時46分18秒(日本時間) - 宮城県牡鹿半島の東南東沖130km、仙台市の東方沖70kmの太平洋の海底を震源とする東北地方太平洋沖地震が発生。
東日本大震災

地震の規模はモーメントマグニチュード (Mw) 9.0で、発生時点において日本周辺における観測史上最大の地震である。
震源は広大で、岩手県沖から茨城県沖までの南北約500km、東西約200キロメートルのおよそ10万km2という広範囲全てが震源域とされる。
東日本大震災、各地の震度

最大震度は宮城県栗原市で観測された震度7で、宮城・福島・茨城・栃木の4県36市町村と仙台市内の1区で震度6強を観測した。

2016年(平成28年)3月10日時点で、震災による死者・行方不明者は18,455人、
建築物の全壊・半壊は合わせて400,326戸が公式に確認されている。

震災発生直後のピーク時においては避難者は40万人以上、停電世帯は800万戸以上、
断水世帯は180万戸以上等の数値が報告されている。

復興庁によると、2016年2月12日時点の避難者等の数は174,471人となっており、避難が長期化していることが特徴的である。

世界銀行の推計では、自然災害による経済損失額としては史上1位としている。


















関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント