5月4日:セリアAトップチームを襲ったスペルガの悲劇 Tragedia di Superga

1949年5月4日 - スペルガの悲劇(スペルガのひげき、Tragedia di Superga)
イタリア・トリノ郊外の丘陵地、通称「スペルガの丘」で起きた航空機墜落事故によって、乗員・乗客31名全員が死亡。
スペルがの悲劇

この中にはセリエAの強豪クラブとして名を馳せ、
ファンからは "Grande Torino" (偉大なるトリノ)と称えられていたACトリノの選手18名と監督以下スタッフ5名が含まれていた。

優勝目前でトップチームを丸ごと失ったACトリノは、その後、クラブの建て直しが上手くいかずに成績も低迷。
セリエB降格も経験し、次のスクデット獲得までに実に27年を要した。









◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント