6月6日:山口多聞少将、空母「飛龍」とともに逝く

1942年昭和17年6月6日 - 山口 多聞(やまぐち たもん、1892年明治25年8月17日 - 1942年昭和17年6月6日ミッドウェー海戦において戦死。享年49歳。
山口多聞

日本の海軍軍人。
ミッドウェー海戦時、アメリカ軍機動部隊の艦載機による攻撃で火災、爆発を起こし戦闘不能になった「赤城」、
「加賀」、「蒼龍」の3空母から離れていたため被害を受けなかった空母「飛龍」を指揮し、
アメリカ軍の空母「ヨークタウン」に反撃、航行不能に至らせるも、
力及ばず、日本時間6月6日午前6時6-15分、「飛龍」は沈没。

指揮を執っていた山口少将も空母「飛龍」と運命をともする。



飛龍
<空母「飛龍」の最後の写真>


山口多聞―空母「飛龍」と運命を共にした不屈の名指揮官 (光人社NF文庫)/潮書房光人社

¥896
Amazon.co.jp

飛龍 天に在り―航空母艦「飛龍」の生涯 (光人社NF文庫)/潮書房光人社

¥1,059
Amazon.co.jp











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育


5種類の生薬+温泉成分で体内年齢ケア【生薬のめぐり湯】


職人の手作りシルバー&革アクセサリー【AJINA】

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント