3月14日:カール・マルクス 逝く

1883年3月14日 - カール・ハインリヒ・マルクス(Karl Heinrich Marx, 1818年5月5日 - 1883年3月14日)没。享年64歳。
カール・マルクス

プロイセン王国(現ドイツ)出身のイギリスを中心に活動した哲学者思想家経済学者、革命家。

1845年にプロイセン国籍を離脱しており、以降は無国籍者であった。彼の思想はマルクス主義(科学的社会主義)と呼ばれ、
20世紀以降の国際政治や思想に大きな影響を与えた。

フリードリヒ・エンゲルスとともに、包括的な世界観および革命思想として科学的社会主義、
いわゆるマルクス主義を打ちたて、資本主義の高度な発展により共産主義社会が到来する必然性を説いた。

資本主義社会の研究をライフワークとし、それは主著『資本論』で結実した。

資本論』に依拠した経済学体系はマルクス経済学と呼ばれる。












◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント