3月15日:「治世の能臣、乱世の奸雄」曹操 逝く

220年3月15日建安25年1月23日) - 曹 操(そう そう、永寿元年155年) - 建安25年1月23日220年3月15日))没。享年65歳。
曹操

中国後漢末の武将政治家。詩人、兵法家としても業績を残した。字は孟徳(もうとく)、
幼名は阿瞞また吉利。沛国譙県(現在の安徽省亳州市。また河南省永城市という説もある)の人。

後漢の丞相・魏王で、三国時代の魏の基礎を作った。
廟号は太祖、謚号は武皇帝。後世では魏の武帝、魏武とも呼ばれる。

三国志演義』の影響によって悪役としての評価が定着した曹操であるが、
政治家、将軍、武人、兵法家、詩人として数多くの業績を残しており、
昨今ではその評価が見直される傾向にある。

特に
政治家として家柄や品行にとらわれず、才能ある人材を積極的に登用したこと
将軍・武人として適材適所の人材配置や、部下の進言・献策を的確に見極めて取捨選択し、利己心無しに受け入れたこと
文人・詩人として自身もすぐれた詩人であったこともあり、
政治・軍事に多忙な中、多くの文人たちを配下に集めて文学を奨励したこと
などが手腕の優れた点としてあげられる。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント