3月16日:クレタ島でミノア文明期のクノッソス宮殿発見される

1900年3月16日 - アーサー・エヴァンズがクレタ島のクノッソス遺跡を発掘。
クノッソス

クノッソスはギリシャのクレタ島にある青銅時代最大の遺跡。
クノッソスの位置
<クノッソスの位置>

ミノア文明下で、儀式や政治の中心であったと考えられている。
クノッソス宮殿内のフレスコ画
<宮殿内のフレスコ画>

紀元前1200年頃からギリシャ本土のミケーネ文明による侵略を受けて急激に衰退したが、
致命的な破壊をもたらしたのはその後のサントリーニ島の噴火であるとも考えられている。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント