3月18日:世界で初めて点字ブロックが設置される

1967年3月18日 -視覚障害者誘導用ブロック、いわゆる点字ブロックが 岡山県立岡山盲学校に近い国道2号(現国道205号)に世界で初めて敷設。
点字ブロック

安全交通試験研究センターの初代理事長である三宅精一が友人の失明をきっかけに1965年に発案・発明し、1967年3月18日、岡山県立岡山盲学校に近い国道2号(現:国道250号)原尾島交差点周辺(現:岡山県岡山市中区)に世界で初めて敷設された。

その後、歩道・鉄道駅・公共施設だけでなく通常の商店の出入り口付近、横断歩道の手前だけでなく車道の横断歩道部分にも設置が進んでいる(「エスコートゾーン」)。

また、諸外国の公共施設などでも敷設されているが日本ほど多くはない。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント