3月19日:名古屋大空襲

1945年3月19日 - 第二次世界大戦日本本土空襲: 名古屋大空襲
名古屋大空襲

午前2時頃、B-29爆撃機230機による名古屋市の市街地に対する大規模空襲が行われ、
この空襲により一夜にして151,332人が被災した。
死者826人、負傷者2,728人に上り、家屋39,893棟が焼失した。

1937年(昭和12年)に竣工したばかりの6階建ての名古屋駅も炎上。
同ビル屋上には高射砲陣地があったが、砲弾はまったくB-29には届かなかった。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント