3月21日:南天の星座を設定したラカイユ 逝く

1762年3月21日 - ニコラ=ルイ・ド・ラカーユ(ラカイユ、Abbé Nicolas-Louis de Lacaille、1713年3月15日 - 1762年3月21日)没。享年49歳。
南天の星座

フランス天文学者
1751年から1752年(観測期間は諸説あり)まで、喜望峰(ケープタウン)に滞在し、
のちに標準的に使われるようになった南天の14の新しい星座を設定した。

ちなみに新しい星座は
がか座、けんびきょう座、コンパス座、じょうぎ座、ちょうこくぐ座、ちょうこくしつ座、テーブルさん座、とけい座、
はちぶんぎ座、ぼうえんきょう座、ポンプ座、レチクル座、らしんばん座、ろ座で、
北天の星座のように神話などに基づいたものではなく、大航海時代以降の器具・道具などを中心に命名されている。









◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント