3月21日:ロケット特攻機「桜花」初実戦投入

1945年3月21日 - 第二次世界大戦: ロケット特攻機「桜花」が初めて実戦投入されるも、出撃した部隊は18機の母機もろとも全滅。
桜花

以降7月に出撃中止が決定されるまでの間に、
全10回出撃、桜花パイロット55名が戦死、その母機一式陸攻の搭乗員は365名が戦死。
駆逐艦1隻を撃沈。









◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント