3月25日:百武彗星、地球に最接近

1996年3月25日 - 百武彗星が地球に最接近。
百武彗星

百武彗星(ひゃくたけすいせい、Comet Hyakutake; C/1996 B2)は1996年1月に発見された彗星である。
百武彗星は「1996年の大彗星 (The Great Comet of 1996)」とも呼ばれ、過去200年間で地球に最も近づいた彗星の一つである。このため、地球から見た彗星の光度は非常に明るくなり、世界中で多くの人々がこの彗星を観測した。


百武彗星はかつて約17,000年前に太陽系内部を通過したと考えられている。
1996年の回帰の際に太陽系のガス惑星から重力相互作用を受けた結果、その軌道は大きく引き伸ばされ、
次に太陽系内部に再び戻ってくるのは約72,000年後とされている 。











◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント