3月26日:沖縄本島上陸に先立ちアメリカ軍座間味島に上陸

1945年3月26日 - 第二次世界大戦沖縄戦: 米軍が座間味島に上陸。
座間味島上陸

アメリカ軍は、沖縄本島への上陸に先立ち泊地や水上機基地などを設置するため、
第77歩兵師団を慶良間諸島の座間味島など数島へ上陸させた。
日本軍は慶良間諸島は地形が険しい狭い島で航空基地の適地もなく、
沖縄本島に先立っての侵攻を想定していなかったため、地上部隊をほとんど配備していなかった。
座間味島

アメリカ軍は29日までに慶良間諸島全島を占領した。
アメリカ軍第77歩兵師団の記録によると、
31日までに日本兵530人が戦死・121人が捕虜となり、アメリカ兵31人が戦死・81人が負傷した。










◆スマイルゼミ◆中学生向け通信教育

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント